スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

本年も宜しくお願い申し上げます!

2021年1月3日

      

 

 

明けましておめでとうございます。🙂

 

 

2021年が皆様方にとって良い年になりますようにお祈り申し上げます!

 

 

さて、年も明けまして、税制の改正や、グリーン住宅ポイント制度など、

 

 

景気対策等で今年家を建てるメリットが高まっています。

 

 

そんな中、住宅購入後、すぐに直面するのが、住宅の固定資産税です。¥

 

 

固定資産税は毎年1月1日現在において、土地・家屋を所有している方に対し、

 

 

市町村が課税する地方税のことです。

 

 

土地や建物を所有すると掛かってくる税金です!¥

 

 

私は去年の8月の初めに新築に引っ越し、

 

 

9月中旬には固定資産税の調査の案内の通知が

 

 

届きました!

 

 

いつが都合が良いかを連絡をする内容でした。

 

 

結局、こちらの連絡も遅くなり、12月に来てもらうようにしました。

 

 

平日の開庁時間内での対応です。

 

 

当日提供する書類は

 

・間取りがわかる平面図

・矩計図

・家屋立面図

※長期優良住宅の認定を受けている場合、長期優良住宅認定通知書

 

 

当日見せる書類

 

・工事請負契約書または工事費見積書

・登記関係書類

・建築確認申請書類一式

 

 

当日、指定した時間に二人で来られました。

 

 

男女の二人で来られました。

 

 

「へいせいさんで建築されましたね!」と、確認申請等で、

 

 

どこの会社で建築したかは事前に予習されておりますし、💻

 

 

その建てた会社である程度の仕様などは頭に入れて訪問されます。

 

 

 

私が調子に乗り、家の評価でしゃべると、「お詳しいですね!~😁」と、

 

 

まるで、へいせいの木の家の社員と分かっているような感じでした。

「考えすぎかな!?」

 

 

それでは調査開始・・・🍳

 

 

図面と間取りを照らしあわせながら素材など確認されました。

 

 

自宅は玄関と廊下が燻煙杉なので、そこは確認されました。

 

 

無垢の床は、評価が少し上がるようです。

 

 

リビングでは、スイッチを切り忘れた床暖房は、

 

 

見逃されませんでした。床暖房も少しだけ評価が上がります。

 

 

(実際少し評価が上がったとしても、快適でエコだと思います!)

 

 

床の間も上がるようです。装飾品と見なされ評価アップです!

 

 

基本的には一般的な建材を使用した住宅の評価は同じで、

 

 

違いは、主に延床面積の計算です!

 

 

大きい家はそれなりに税金を払うのは仕方ないでしょうね。

 

 

昔、聞いた話で、豪華なTVやソファ―を置いていたら、

 

 

評価が上がるとういうのは全くのガサネタでした!

(全くの都市伝説)

 

 

家の付属物、動産ですので固定資産税評価とは関係ありません。

 

 

 

また、太陽光発電も住宅用は基本的には非課税との事でした。

 

 

この固定資産税ですが、

 

 

令和4年3月31日までは、新築された住宅については(2年間延長されました)

 

 

3年間、固定資産税が二分の一に減額されます。

(今がチャンス!$)

 

 

4年目に上がる時はがっかりですね😭

 

 

いくら住宅を販売しても、固定資産税などは自分で

 

 

体験しないと分かりませんね!

 

 

また、今回のコロナでの影響で、事業用の家屋及び設備については、

 

 

固定資産税の軽減措置の制度も発表されております!

 

 

家造りは、建てる前も建てた後も、

 

 

いろんな手続きがあり、また色んな制度等にも影響されます。

 

 

その辺も、へいせいの木の家スタッフにお気軽にお問い合わせくださいませ!

 

 

本年も宜しくお願い申し上げます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

田中福美

田中福美

■スタッフ紹介■