トップへ戻る

お知らせNews

お知らせ

台風10号に対して備えましょう!

2020年9月4日

      

 

ニュース等でも報道されております通り、非常に強い台風第10号が福岡県・佐賀県などの九州地方に接近しております。

 

台風9号よりも勢力が強く、福岡に最接近する7日(月)9時の予報では

最大瞬間風速が65m/sと命に危険がおよぶほど強風が吹き荒れることとされています。

 

気象庁様からの会見がございました通り、事前の対策をしっかり行いましょう。

 

既に養生テープやベニア板、ガスコンロなど在庫切れになっているお店も多数出ている様子です。

 

 

直前では間に合わない場合もございます。

 

晴れた本日をぜひ、ご活用ください。

 

 

 

 

また、各メーカー様のホームページでは台風対策に関する情報等がお知らせされております。

 

そちらも合わせてご確認ください。

 

 

 

▼TOTO様

https://jp.toto.com/support/emergency/typhoon.htm

 

▼LIXIL様

https://www.lixil.co.jp/support/disaster/typhoon/

 

▼YKK AP様

https://www.ykkap.co.jp/company/jp/important-notice/detail.html?s=20200904

 

 

気象庁様のホームページ内でも被害を未然に防いだり、軽減するための情報が掲載されております。

 

ぜひ一度、ご一読ください!

 

 

▼気象庁様ホームページ

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/ame_chuui/ame_chuui_p10.html

 

 

 


 

■ご自宅の窓ガラスには、必ず鍵(クレセント)をかけましょう。

鍵をかけることで、気密性と剛性が上がり、風でのガタツキを抑えます。
強風により飛ばされてきたもので怪我や窓ガラスを割ってしまうことがありますので、台風がくる前には家の周りやベランダを片付け、風でとばされるものがない様にしておきます。

 

■窓ガラスが破損・飛散することがありますので、シャッターや雨戸は閉めておきましょう。

雨戸がない部屋の場合は、なるべく窓からは離れましょう。応急処置として部屋側からガラスに飛散防止フィルムや養生テープを貼ることも有効です。カーテンも閉めておきます。

 

■スムーズに排水できるよう、雨が降り出す前にバルコニーの溝や排水口を掃除しましょう。

台風のように短時間で急激に雨量が増えると、バルコニーの排水が追い付かず浸水してしまう恐れがあります。

ホウキ等で見えてるゴミを集めて取り除き、排水溝は歯ブラシ等のブラシで中を掃除。近くに木がある場合には、飛んで来た葉っぱが入らないよう、ネット等をかけておいた方が詰まりを防止できます。

 

 

 


《シャッターは閉めた方が良い?それとも開けておく方が良い??》

メーカー様に問合せたところ、

シャッターは飛来物対策を重視しておりますので、

台風の時は閉めることをおススメいたしますとのことでした。

飛来物で窓ガラスが割れてしまうと、室内に入ってきた風が上に吹き上がるため屋根が下から押され、破損してしまうケースがございます。

 

特に築年数が古いお家はご注意ください。

 


 

《窓の鍵はかけてますか?》

 

ご自宅の窓ガラスには、必ず鍵(クレセント)をかけておきましょう。

クレセントをかけることで、気密性と剛性が上がり、風でのガタツキを抑えます。

 


 

 

引き続き、台風情報にご注意ください!