トップへ戻る

スタッフブログStaff Blog

スタッフブログ

今、はまっております。。

2020年3月22日

      

設計の三舩です。。。

 

今、はまっております。。

 

何にはまっているかといいますと。。。

 

韓国映画にはまっております!

 

韓国映画といえば、今年のアカデミー賞(オスカー)で

 

『パラサイト半地下の家族』が作品賞を受賞しました。

 

外国語映画としては史上初の受賞という快挙でした。

 

この映画はまだ観ていないのですが、そのうちに鑑賞しようと思います。

 

2月末にTVで韓国ドラマを観始めて録画忘れで全巻レンタルしたことから

 

娘と二人で韓国ドラマにはまり。。。その続きで韓国映画をレンタル鑑賞してます。

 

3月に鑑賞した映画は・・・・今日までで6本(1本は邦画です)

 

 

①『猟奇的な彼女』

笑って泣ける!元気が出る!王道のドタバタラブコメ

平凡な大学生と、その「凶暴な」彼女が繰り広げるドタバタラブコメディです。

とにかくテンポがよく、笑って泣けて元気が出るヒューマンコメディ。

2003年公開当時に鑑賞した好きな映画の1本でしたので

今回久しぶりに観ました。。

 

②『ビューティー・インサイド』

主人公を123人が演じる、ファンタジーラブロマンス

1度眠って目覚めると、心以外の姿・性別・国籍等の全てが変わってしまう

「奇病」を患う主人公。

そんな主人公を演じるのは老若男女合わせてなんと総勢123人!

そんな主人公が恋をしたら一体どういう展開になるのか、

を描いたファンタジーラブロマンス作品です。

 

 

初めて観ましたが、好きな映画の1本になりました。

おススメの映画です。。

 

 

 

③『アジョシ』

一言で言うと韓国版レオン。

隣に住む女の子の身に起こる危険に、謎のおじさんが憤然と立ち上がります。

とにかく強い。無敵です。そして溢れ出る血しぶき。

バイオレンスアクションという名にふさわしい男心を擽る映画だったと思います。

ウォンビンが格好良すぎです。

 

 

 

⓸『ただ君だけ』

孤独な男と盲目の女が織り成す純愛ストーリー

チャーリー・チャップリンの名作「街の灯」をモチーフに描かれた、

孤独な男と目が不自由な女の純愛ストーリー。

 

 

 

 

⑤『7番房の軌跡』

「塀の中」で起きた父子の奇跡の物語

無実の罪で刑務所に収監された知的障害の父親と幼い娘との塀を越えた絆が、

周囲の人々の心までを変えていく奇跡を描いた感動の物語です。

 

この映画も初めて観ました。。。

一人で観ることをおススメする映画です。。

最後、涙が止まりませんでした。。。ですからお一人で!

 

 

まだまだ観る予定の韓国映画リストがありますので

 

今月あと4本くらいレンタルする予定です。。。

 

現在、アマゾンプライムかU-NEXTへの加入!も検討しております!

 

 

次回のブログでこの続きを報告出来ればと思います。。。

 

他にネタがあれば内容変更になります。。。

 

投稿者:

三舩修資

三舩修資

こよなく家族を愛する設計マンです! ■ブログ「設計の設計による気ままなブログ」